歯周病|福岡市中央区天神北の歯医者

0924068860

Open:10:00~14:00 / 15:30~19:30
Close:土曜午後 / 日曜 / 祝日

歯周病

歯周病とは

歯周病とは、歯槽膿漏ともいい、歯と歯ぐき(歯肉)の隙間(歯周ポケット)から侵入した歯周病菌が歯茎の炎症を起こして、進行してしまうと骨を溶かし、歯がグラグラしたり、最悪の場合歯が抜けてしまうこともあります。痛みなどの自覚症状がほとんどないまま、進行してしまいます。

歯周病の重要性

1本の歯を失うと、口の中のバランスが崩れ、噛み合せや歯並びに影響が出てきます。

噛み合せは非常に重要で、頭痛や肩こり、腰がおかしい、顎が痛いなど体のあちらこちらに大きな影響を及ぼします。

歯周病が引き起こすもの

歯周病は、骨を溶かし、歯が抜けてしまうことはもちろんですが、そのほかに様々な病気の原因となります。
心臓疾患や誤嚥(ごえん)性肺炎、糖尿病など様々な病気と結びついています。

歯周病の治療

まずは、歯周病の元になった原因を探し、歯磨き指導などのプラークコントロールの方法をお教えします。
その後進行の具合によって、それぞれにあった治療法を提案させて頂きます。